人気ブログランキング |

こちらのQRコードからモバイルから予約できます     地元茅ケ崎の皆様の力になれるように頑張ります。臨床報告やトレーナー活動、日記を更新


by makkenji1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:水泳( 48 )

 秋田で行なわれた国体。

 競泳でまたまた後輩が狙い通りの男子400メドレーリレーで高校新記録を樹立いたしました。

 http://www.kanaloco.jp/sportsnews/entry/entryxiioct07106

 世界競泳代表に2名選ばれた関係で今期1度もフルメンバーでチームを構成できなかった湘南工大付属チームは形を変えた神奈川県チームとして記録を残した。

 残念なのは全員が湘南工大付属の選手でも学校の代表ではなく神奈川の代表として記録が残る事である。

 最近は高校生のトップクラスで海外遠征を行なう事が増え、日本代表としてリレーを組む事が多くなり、単独の高校が記録を出す事が困難になった昨今、それを2秒上回ったのはとてつもない快挙と言える。

 高校記録保持者は平泳ぎの立石諒選手だけだ。もともとのメドレーのメンバーに立石選手も名前が入っていた。しかし彼は1秒近くもともとの記録を上回った泳ぎを見せてくれた。

 それでも個々の能力が高い子達だ。


 背泳ぎの伊与部崇選手は高校記録保持者の入江選手に次ぐ存在でインターハイ2年連続2冠をしている。

 今回バタフライを泳いだ小坂悠真選手は、個人メドレーの選手でやはりインターハイで200M個人メドレーを2年連続優勝している。インターハイでメドレーリレーを優勝したときには平泳ぎでチームに貢献している。

 葛原俊輔選手は世界競泳代表で800Mリレーの銀メダリストで、今までの記録と比べると際立って早くなった違いは彼の記録にあると思います。

 ちょうどセミナー期間中だったためにビデオの予約をして出かけた私は帰ってからのテレビ観戦を楽しみにしていたのだが、録画に失敗。

 何と教育テレビを撮るつもりが総合を撮ってしまった。国会中継なんて見るつもり無いのに(涙) 誰かDVDにダビングして譲って下さい。

 でも、とにかくやったぞ!嬉しいぞ!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
詳しくはオステオパシー風美(茅ヶ崎 整体 マッサージ)または風美
by makkenji1 | 2007-10-04 22:03 | 水泳

デカイ二人組 2

 …続き

 前にもブログにも書きましたが、3月の世界水泳でなぜ自由形の佐藤久佳選手と女子平泳ぎの田村奈々香選手を出さなかったのだろうと書きましたが…
http://jukkenzaka.exblog.jp/5109274/

 世界競泳2007ではその二人がやってくれましたね。

 男女共にメドレーリレーで日本記録樹立特にこの二人の活躍は大きいでしょう。

 中でも佐藤選手は100Mのラップが47秒9と驚異的な記録です。

 先日のインカレでも日本人初いやアジア初となる48秒台(91)を100M種目で出した事は日本競泳界にとって大きな前進となると思います。

 葛原選手とその47秒の泳ぎが凄いよね。と言う話をしながら、彼も400Mリレーでテレビや公式の速報には出てきていませんが、チャレンジレースと言うのがあったらしいのです。

 そこで彼も高校生ながら50秒を切ってきているらしいのです。

 これは大変素晴らしい事ですし彼の来年以降の自信となる事でしょう。

 そして立石選手もメドレーリレーのチャレンジレースの平泳ぎでかなりの好タイムで泳いでるそうです。二人には高校記録の更新を期待してしまうのは私だけでしょうか?

 まあ私としての希望としては湘南工大付属のメンバーでメドレーリレー高校記録を出す事を彼等がいなかったインターハイで実現できなかったので、国体で神奈川代表として樹立して欲しいと言うのがあります。

 もちろん今の高校記録は高校生の日本代表メンバーが昨年樹立したもので中には立石選手の名前も含まれています。しかし、その日本代表の記録を単独の高校のメンバーが破ったとなればそれは素晴らしいと思います。

 葛原俊輔、立石諒が入った湘南工大付属の力を見せてくれ。

 頼むぞ葛・諒!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
詳しくはオステオパシー風美(茅ヶ崎 整体 マッサージ)または風美
by makkenji1 | 2007-09-13 21:41 | 水泳

インターハイ 最終日

 グダグダになってしまいました。更新する気力も無くなり今日にいたってしました。

 インターハイが終わってしまうと、夏が終わってしまったように…まるで浜降りブルーだ。

 最終日4日目

 連覇ならず。総合優勝できませんでした。続けて勝つことの難しさを知りました。

 800Mリレーも負けてしまいました。

 悔しくて涙が出そうでした。

 今大会は良い教訓となりました。

 昨年は圧勝でした。ダブルスコアー。プレッシャーを感じる事など見られなかった。

 取りこぼしても他のみんなが何とかしてくれる。

 そんな雰囲気があった。「勝って当然?」私もそう思っていた。


 今年は関東大会から明らかに雰囲気が違った。「葛と諒がいないで勝てるのか?」
 
 そんな中で関東を勝ち進んだ。

 しかし、インターハイになると選手たちの不安は更に増していた。

 勝てないかもしれないという雰囲気がひしひしと伝わってくる。

 選手と一緒にいるだけで涙が出そうになってくる。もはや私の感受性はそこまで敏感になってしまっていた。

 私はトレーナーだ。トレーナーは選手の不安を取り除いてあげる事。身体と心のケアだ。

 そんな中で私は常に強気な発言をしてきた。「絶対勝てる。大丈夫。」「君達は強い。」「身体はそんなに問題無い。」

 しかし、今回はそんな選手の不安を取り除く事が最終日まで出来なかった。

 本当に申し訳ない。私の力が及ばなかった。

 勝てる力は充分に持ち合わせていた。

 しかし、優勝したチームは団結力があった。正直言って私には精神的に強いチームとは思えなかった。

 ウチのチームはそれ以上に精神力が弱かった。誰か一人でいいから「よっしゃ俺が引っ張ってやる」ってのがいなかった。

 また来年から挑戦者として精神的にも強くなって戻りたいです。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
詳しくはオステオパシー風美(茅ヶ崎 整体 マッサージ)または風美
by makkenji1 | 2007-08-27 16:36 | 水泳

明後日から

 久々の更新で申し訳ございません。

 お約束のインターハイに行くため、15日(水曜)~21日(火曜)は休診とさせていただきます。

 今年も男子総合優勝出来るように選手達のお手伝いに頑張って参ります。

 世界競泳代表の立石選手も今日は試合前の調整に来ました。

 ベストタイムを約束してくれました。

 世界競泳はテレビで応援します。
by makkenji1 | 2007-08-13 21:36 | 水泳
 一昨年(‘05年)には小坂悠真選手がインターハイ直前に足を痛めてしまった事がありました。

 私が彼に初めて会ったのはその時でした。

 とにかく、明日にはレースがありアップしてても痛いと言う事で何とかしましょうと言うことで診ました。

 インターハイ中は一人の選手に付きっ切りと言う訳にも行かず、少し痛みを伴うがFDMと言う手技で短時間で痛みを取り除く事を優先しました。

 初日か2日目までにはほぼ取れていたように思います。

 個人種目は振るわなかったのですが4日目の800Mリレーで彼自身の持ちタイムを(確か)2秒~3秒更新して3位入賞に貢献してくれました。

 その時から彼は私のマッサージを「スギヤマジック」と呼ぶようになりました。

 今年の8月に行われる世界競泳に中村礼子選手・奥出泰史選手・岩崎優選手・葛原俊輔選手・立石諒選手と後輩達が続々と日本代表入りしています。

 それならやはり国際大会も私が彼等と一緒に行きたいと言う思いが沸々と湧きあがってきました。

 他にも有望な高校生選手がたくさんいます。

 そこで私の新たな目標が出来た訳ですね。立石・葛原・小坂世代の後輩達とロンドンへ一緒に行きたい。

 来年の北京オリンピックには無理ですが、5年後のロンドンオリンピックまでにならスタッフに入れるかもしれない。

 いや何としても入れてもらわなければならないのです。他の人に任せるくらいなら…。

 それで母校以外では何も活動していない私ですが、まずはATを取るために動き出さなければなりません。まずは受験資格を得なければ。

 そのための準備は続く。
by makkenji1 | 2007-06-28 14:14 | 水泳
 私はそもそもトレーナー志望ではなかった。

 はっきり言って興味が無かった。

 しかし、私が大学の4年生時に母校の水泳部が高校総体初優勝したのだ。

 その頃から強いチームには専門の(か分から無いケド)トレーナーらしき人が付いていたので、そういう人がいないなら全国だけは(専門学校に入学したばかりだった私ですが)ぜひやらせて欲しいとお願いしたのがきっかけになります。

 そして今年で10年目になります。

 初めは、正直言ってトレーナーとして行くよりも観光気分といいますか、ここの土地は何が美味しいとか、お土産何かって帰ろうとか、中途半端な気持ちもあったと思います。

 中村礼子選手や奥出泰史選手などがいた頃はまだまだ半端者でした。

 年数を重ねると同時に数多くの選手と共に私も一緒に成長してきました。

 4.5年位前からオステオパシーを習い始めて数年してから自分でも何かが違うと感じ始めました。

 選手の痛みや違和感などを明日レースとか明後日レースとか直前で取ってあげられるように変化してきました。

 私の希望としては痛みや違和感のある選手は練習期に治療にきて頂いて、テーパー期は疲労を取るだけで済むようにして欲しいのが本音なんですが、試合の直前しか診れないので仕方が無く、とにかく痛みだけは取り除いてレースに送ります。

 (だいたい私の現地入りが試合が始まる前々日か前日のためかなり厳しいです。尚且つ痛みを持っているのに監督やコーチに隠してるケースが意外とあります。)

 それでも、中には「いつも150Mでへばってしまうが200Mへばらずに泳ぎきれました。」と報告する選手や「100Mの後半いつも足が疲れて効かなくなる所が最後まで持ちました。」と言ってくれる選手が増えてきました。

 ③へ続く…
by makkenji1 | 2007-06-23 00:56 | 水泳
 私のブログのサブタイトルに目指せ水泳日本代表トレーナーとある。

 実は日本の競技団体のトレーナーになるのはかなり難しい。茨の道です。

 資格が必要なのだ。

 私が持っている鍼灸マッサージやその他の柔整(柔道整復師)やPT(理学療法士)は必須。持っているのが前提。

 日本体育協会が認定するアスレティックトレーナー(以下AT)の資格が無ければ、どんなにトレーナーとしての技術が優れていても選手に必要とされても不可能なのです。

 道は3通りあります。

 ①鍼灸や柔整の学校にあるAT科に入学し卒業する事。…私が在籍していた当時は学校に制度がなかった。今からそのために学校に入る事は到底考えられない。

 ②養成講座受講(2年のコース)
  日本体育協会のアスレティックトレーナー養成講座を受講し、検定試験に合格する。
  日本体育協会加盟団体、または日本体育協会が特に認める国内統括競技団体が推薦し、本会が認めた者。

 (加盟団体とは都道府県の体育協会などのことで、私の場合は神奈川県の体育協会から推薦してもらい日体協の審査を受けるということです。)

 (国内統轄競技団体というのは日本水泳連盟等やバレーボール協会、テニス協会などの中央競技団体のことです。

 養成講座の枠は99年度受講生から75名なので養成講座を受講するのはかなり困難だそうです。

 「これからトレーナーになりたい」という方の受講はまず無理で、すでにトレーナーとして活動している人が地域の体協や競技団体から推薦を受けて受講するのが一般的です。

 ③医師の推薦

 と言う事になっています。私がこの②・③に関する活動経歴やコネクションが無いにもかかわらず何故そんな事を考えたのか?

 は次回へと続く…
by makkenji1 | 2007-06-21 02:44 | 水泳

400リレー 県記録

 神奈川高校総体、競泳で我が母校・湘南工科大付属がやってくれました。

 男子400リレーで実業団のチームが持っていた記録を破り、県記録を樹立しました。

 単独の高校のチームでなかなかここまでの記録は出ませんよ。

 昨年のインターハイ優勝タイムよりも上をいっています。(高校総体の大会記録には及びませんが…)

 第1泳者の葛原選手と平泳ぎの立石選手と共に世界競泳の代表なのでやはり関東高校・全国と参加する事が出来ない。

 来週には小坂選手・伊与部選手がアメリカ遠征に参加するため、メドレーリレーも最強メンバーを組む事が出来ない状況で学校の名前で全員揃って参加できるレースはこれが最後。

 メドレーリレーは高校総体で上記のメンバーで組めたら、日本高校記録も狙えただけに悔やまれますが仕方が無いとして。

 彼等の思いが伝わってきました。

 来週見に行ってあげる事が出来ないけど、頑張って欲しい。

 世界競泳組み無しでの高校総体は厳しいが、今年は関東高校から私もトレーナーとして帯同しますので、みんなにまたスギヤマジックをかけちゃいましょう。

 関連記事 http://www.kanaloco.jp/sportsnews/entry/entryxiijun070665
by makkenji1 | 2007-06-19 02:52 | 水泳

日本選手権最終日

 いきなりビックリしましたね。

 伊与部崇選手が200背泳ぎで予選トップ通過でした。

 テレビで見た限り緊張で顔が引きつってましたね。決勝では予選のタイムを更新できなかったものの、見事に4位に入りました。

 昨年の夏には2分02秒台でしたから1秒半ほど記録を伸ばしてますが、まだ優勝した入江選手にはスピードで劣っている感じは明らかです。しかしこれからの課題としてはっきりすると思われます。

 期待された立石選手は予選同着8番で「スイムオフ」と言われる同着の者同志がもう一度レースを行って出場権を決めるレースで破れ決勝には出られず、B決勝にまわってしまいました。結局B決勝ではタイムは伸びず残念な結果となりましたが、いったいどこまで伸びていくのか楽しみです。

 北島選手が高校時代に出した100Mの高校記録は1分01秒3で今回の立石選手の記録が1分02秒4と言う事は1秒の差があるという事になります。

 しかし夏までには何とかいけるでしょう。私は信じます。

 そして気になるのがその立石選手と葛原選手が高校生ながら世界競泳2007インジャパンに代表入りした事です。

 インターハイの直後に行われるこの大会、合宿の日程を見るとインターハイの1日目まで予定が組まれていました。もしかしたら彼等が不参加になる可能性があるという事です。

 彼等が出場すれば母校の総合優勝2連覇はまず間違い無いくらいに強烈なメンバーが揃っているのですが、2人が欠けてしまうとかなり厳しい戦いが予想され、そんな予想はよそうと思います。

 母校の総合優勝2連覇はして欲しい。しかし、若い彼等が将来世界で戦うためにはぜひ経験してして欲しい大会でもあるわけです。

 高校側に関係するいちスタッフとしての立場から物を言わせていただくと。

 水連ももう少し日程考えて組んでくれたらいいのにと思うのは私だけ?
by makkenji1 | 2007-04-10 02:16 | 水泳

世界選手権と日本選手権

 世界水泳マイケル・フェルプス七冠しましたね。

 日本男子メドレーも銀メダルをとり山本貴司選手がトップで帰ってきたときには思わず「行けー」と叫んじゃいましたよ。(笑)

 話は前後しますが、前々から何で佐藤久佳選手追加で呼ばなかったんだと疑問に思っていた私でした。

 まあ去年の選考会の結果ですから仕方が無いのですが、大学の後輩の田村菜々香選手が世界水泳200平泳ぎに出てたらメダル圏内だったのにって…たらればはやめて

 今回の日本選手権はやはり高校・大学の後輩達が頑張ってます。

 先ほどの田村選手はもう少しで田中雅美選手の日本記録にあと少しというところで失速。しかし、前半から積極的にレースを展開したのはかなり評価できると思います。

 中村礼子選手は50,100と日本記録を連発し、明日の200も期待しましょう。

 男子400個人メドレーでは奥出泰史選手が女子100自由形でも岩崎優選手が初優勝し湘南工大付属出身スイマー大活躍。

 現役高校生たちも元気ですね。1日目の立石選手は北島選手に続いて2位に入りました。

 立石選手の課題はスタート及びターンでしょう。特にスタートの差がそのままゴールの差になってしまっているので、泳ぎの力では北島選手とたいして変わらないわけで、世界で戦うためにはそこの改善が必要になるでしょう。

 今日の50でも高校タイ記録を出し、明日の100に期待できます。北島選手に果敢に挑戦して欲しい所です。

 昨日の400個人メドレーで8位に入った小坂悠真選手はスタートから積極的に飛び出し、まさか?と思わせてくれました。

 もう一人楽しみなのは葛原俊輔選手です。昨日の200自由形では4位に入りました。彼は昨年よりも更に記録を伸ばしてきてます。夏までに高校記録を狙える所までいって欲しいですね。

 明日も日本選手権が楽しみだ。
by makkenji1 | 2007-04-07 18:46 | 水泳