こちらのQRコードからモバイルから予約できます     地元茅ケ崎の皆様の力になれるように頑張ります。臨床報告やトレーナー活動、日記を更新


by makkenji1
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

適応障害

 オステオパシー臨床例

 適応障害の女性30歳

 うつと自覚している。

  問診時の情報

 幼少の頃から自律神経失調気味との事。
 出産時にかなり時間がかかった後、帝王切開にて出産されたとの事。

 初診時は主に自律神経系に働きかける事を目的に、頭蓋仙骨治療(クレニオセイクラルセラピー)を行なう。

 2回目の来院時に眠れるようになったと訴える。

 骨盤の機能障害を取り、足の機能障害をとるとかなりいい感じに変化した。

 胸郭から舌骨近辺をリリースすると同時にあまり言いたい事を自分の中に溜め込まないように注意。

 頭の問題もスムーズにクリアーになり私としてはもう、社会復帰できるという思い伝えました。

 今日家族の方にお会いしたら、かなり良くなったと言って社会復帰する予定だそうです。
[PR]
by makkenji1 | 2007-07-21 19:43 | オステオパシー