こちらのQRコードからモバイルから予約できます     地元茅ケ崎の皆様の力になれるように頑張ります。臨床報告やトレーナー活動、日記を更新


by makkenji1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

夜尿症が治った(2)

 私はオステオパシー的な観点からと中医学的な観点の両方からのアプローチをしてみました。

 腎気が少なくなると固摂作用が弱くなり、膀胱を約束(尿を制約する)機能が弱くなり夜尿となる。

 私が学生時代に書いたメモによると「四頭筋の緊張を取ってあげる」と書いてあり、オステオパシー的な診断でも下半身の緊張がより高いためそれを改善させるように働きかけました。

 もちろん内臓マニピュレーションで腎臓に対するアプローチも行いました。

 親御さんの話ではやや量が減ってきた。(3回目頃)朝起きてからトイレに行くようになった。(7回目頃)

 最近の報告では今まで、布団まで濡れていたものが、パジャマだけになった。(10回目)

 この回の前の時、少し早めに終わったので親御さんを見ました。

 肩凝りがあると言う事で…

 行なったのはほんの数ヶ所(1,2箇所)だが後日報告がありました。

 あくる日の明け方涙が止まらなくなってしまったらしい。

 原因としては胸郭の入り口付近をリリースした事により、感情が出てきてしまったようです。
[PR]
by makkenji1 | 2007-04-23 15:58 | オステオパシー