人気ブログランキング | 話題のタグを見る

こちらのQRコードからモバイルから予約できます     地元茅ケ崎の皆様の力になれるように頑張ります。臨床報告やトレーナー活動、日記を更新


by makkenji1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

ファイナル第6戦

 NBAファイナル第6戦は、スパーズのホームSBCセンターで行われた。

 今日は、ピストンズの精神力の強さが目立った。

 第4クウォーター、開始早々アントニオ・マクダイスのバスケットカウント(シュート時にファールを受け、そのシュートが入ったときに得点が認められた上、フリースローが1投与えられる)で3点プレーとなり7点差になった矢先である。

 テクニカルファールキングのラシード・ウォレスがオフェンスのロバート・オーリーの事を思いっきり押してるじゃないですか。スローで見たらカメハメ波みたいに(笑)。しかもファイブファールですよ。(NBAではシックスファールで退場になる)
 
 その直後ブレント・バリーに逆に3ポイントプレーを決められ嫌な流れとなってしまう。

 その後、ピストンズのハミルトンにボウエンの手がフェイスガードに当たって取れてしまうと言ったアクシデントがあったが、ハミルトンやハンターの活躍があり何とかリードを保っていた。

 スパーズもさすがで、トニー・パーカー、ロバート・オーリー、マヌ・ジノビリの3ポイントで残り4分47秒には1点差に追いつかれてしまい、またしても嫌なムードとなってしまった。
 
 その後、お互い点を取り合い、残り2分15秒で1点ピストンズリードのままプリンスが2ポイントシュートを決めた後である、今日の試合はここで決まったのかもしれない…

 ジノビリのドライブをベン・ウォレスがブロ――――ックすご―――いの一言です。

 更にその後のオフェンスでは、ビラップスのシュートが落ちたところを、ラシード・ウォレスが上手くフォローし、1分25秒で5点差とした。

 次のオフェンスを落としたスパーズは、ファールゲームに行くが、シューターはビラップスだ。

 ビラップスという選手は、ものすごい強いハートを持っている。終盤のとてつもなくプレッシャーのかかる場面で、いとも簡単にフリースローを決めてくれる。頼もしい奴だ。同じファイナルMVPでもダンカンとの違いはそこだ。

 スパーズは追いつけず、ピストンズが再び3勝3敗のタイに戻し、史上初、敵地で2連勝しての第7戦での優勝に挑む。
 
by makkenji1 | 2005-06-22 23:52 | NBA