人気ブログランキング | 話題のタグを見る

こちらのQRコードからモバイルから予約できます     地元茅ケ崎の皆様の力になれるように頑張ります。臨床報告やトレーナー活動、日記を更新


by makkenji1
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

内臓中級

 19日の日曜日、内臓マニピュレーションの中級に参加しました。

 今回の内容は、今では教えられてい無い、創始者バラル先生が以前教えていた中級の内容で、昨年バラル先生が来日された時に、T先生が中級を教えても良いという許可を頂いてのセミナー開催となった。

 バラル先生が、日本で中級に来られたのが約15年前ということ、当然その当時の私は中学生だった訳で、オステオパシーどころか、水泳漬けの生活をしていた小僧だった訳でそんな事は知る由も無く…

 今回のその内容は、時間が経ってバラル先生が中級を教え無くなった事によって、私が参加したメルシェー先生の中級の内容と異なる事は知っていた。

 なぜなら、初期のJCO(当時JSOと言われていた)卒業の先生方はその内容のテクニックを使っていて、私達は教えてもらってい無い事も知っていたからだ。私はそのテクニックを知りたいと思っていた。

 その内容について詳しく言うつもりは無いが、メルシェー先生は言わなかったが何故そこを治療するのかと言う内容が含まれており、私にとって非常に有意義な時間となった。

 光栄な事にモデルとして協力させていただける事で、その技術を必ず受ける事が出来るわけだ。これは受けなければ解らない事もたくさんあるからだ。

 オステオパシーに限らず、どのセミナーに行っても必ず先生を捕まえて、自分がその技術を受けたい、やってもらいたい事でセミナーの進行が遅くなったり、教えていただける内容が少なくなってしまう事が多々ある。直接受ける事は非常に大切な事なのだが、これは大きな問題だ。

 兎に角、ここ2日今までと違った視点から胸郭の治療が行われていることは間違いない。

 私の感覚としてはしてやったりと言ったところだろうか、やっと謎が解けた感じである。

 今後の内容も楽しみだ。
 
by makkenji1 | 2005-06-21 23:19 | オステオパシー