こちらのQRコードからモバイルから予約できます     地元茅ケ崎の皆様の力になれるように頑張ります。臨床報告やトレーナー活動、日記を更新


by makkenji1
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

タグ:肩の痛み ( 6 ) タグの人気記事

本日はある新規患者さんが来院されました。

性別:40代女性

主訴:右肩甲骨の痛みでした。慢性的に出るとのこと。


まずは問診からスタート。

既往歴:右下肢の骨折と虫垂炎の既往歴有り。

トラウマ歴:15年程前に交通事故の経歴がある。大きな外傷はなかった。

その他の情報として8年ほど前パニック障害のような症状があった。その時は呼吸がうまくできなかった。

まず、問診から得た情報では下肢と盲腸に何かしら問題があると予想。



そして、触診。

突然患者さんがバキバキする施術はしますか?

と問われ、場合によりますと回答。(そういった施術が苦手な患者さんの場合ほとんどの場合行いません。)

もし必要なら行いますが、必ず断ってからやりますよと安心させました。

また、美容室に行ってもシャンプーするときに頭を持ち上げられるのが緊張してできないそうで、無意識に防御反応が働いていると感じました。


触診の結果

頭蓋の問題有り。
頭を持ちあげるだけで患者が緊張する。

内臓の問題有り。
左三角間膜の部分に非常に高い緊張がある。触ると患者は痛がり、左の肩甲骨の辺りに放散する痛みを訴えた。

右膝の問題有り。

一番反応が現れていたのは左の三角間膜のところでした。

それの原因を探ったところ右の膝に感じられ、まずは膝を施術すると左三角間膜の問題がクリアになった(無くなった)。

そして、もう一度全体を診ると右の第2胸骨肋軟骨部(K2)に高い緊張が見られた。

これの原因も探ってみると盲腸に原因が発見された。盲腸を施術するとK2の問題も消えた。



最終的に残ったのは後頭骨の骨内病変でした。

しかし、これを施術しようとすると患者は無意識に防御反応をお越し、なかなか力を抜くことができない。



私は患者さんの意識を少し楽にするテクニックを行い施術しやすいように働きかけました。

すると患者さんは頭を持っても緊張しなくなりました。


そして最終的に後頭骨の施術がうまく行えることができ、後頭骨のリリースをさせる事ができました。


先生は何をやったんですか??(患者さん)


「何って硬いところを緩めただけです。」(私)


「何が起こっているかわからない。混乱している。何?」(患者さん)


「うまくいったと思います。」(私)


「途中で少し苦しくなりました。でも嫌な苦しさではなく…。」(患者さん)


「しばらくすると宇宙に浮いているようになって、普段は人に首をコントロールされると力が入ってしまうのだけど、先生に任せてもいいかなと思えて…」(患者さん)


「そうですね。ふふふ」(私)


結果、肩甲骨の痛みや違和感は消えたそうです。

何だか患者さんも驚いていましたが、私も驚きました。



原因は恐らく3つ、①膝の骨折の後遺症、②虫垂炎の後遺症、③交通事故の後遺症、主に後頭骨


オステオパシー実践者の中でもこれらを解放する勉強をした先生でなければ、この結論にはたどり着かないんです。

同じように悩んでいる方はご相談ください。


尚、この患者さんにはブログへの投稿の許可を頂いております。
[PR]
by makkenji1 | 2014-03-19 19:43 | オステオパシー

ATSAまであと9684720M

おはようございます。

今日は寒いです。

放射冷却の影響でしょうか。

昨日と今日と朝方ランニングに行ってまいりました。ともに8.2㎞。

昨夜10時前には寝てしまいました。起床は3時です。

距離にはだいぶ慣れましたが、まだ通しで同じペースで行けません。

途中で少し休憩を入れつつ。ストレッチしながらやってます。

ただ、呼吸器はだいぶ慣れてきたので、後は筋肉が追い付けばもう少しスピードアップ化できるかもしれませんね。

1月から初めて当時の体重が73kgだったのが、今日走った後は69kgまで下がってきました。

体重計の脂肪率も20%から17%台まで下がってきました。

身体が軽くなると、仕事もはかどるような気がするのは私だけでしょうか。

昨日は風呂から上がった後、肩から首に痛みが…。今日もまだ少し痛いです。医者の不養生みたいなものでしょうか。

では今日も頑張って行きましょう。
[PR]
by makkenji1 | 2011-03-03 08:08 | ATSAリオンへ走れ
久しぶりに臨床報告をしたいと思います。

今日主な傾向として来られたのは、肩こりの患者さんまたは肩・肩甲間部に違和感を持って来院された方、男性30代、50代です。

共通して見られた一番大きな問題は、足関節の問題でした。

足首の緊張が強く、それらが膝・股関節・骨盤へと筋肉や靭帯を通して影響し、それが肩甲骨・肩・首に影響するのです。

本人はそんなところに問題があるとは思う訳も無く、主に下半身の施術で、全体の施術が終わると来院時の違和感やコリは軽減または消失していました。

50代の方は肘痛(ゴルフ肘)の問題を訴えていましたが、取れてしまったと驚かれていましたが、取れるように働きかけたので、当然ですよね。(笑)

もちろん肘や手首の治療はしましたが。

オステオパシーは診断がすべてになります。

私もまだまだ診断の能力を鍛えて、ミスを少なくできるように精進します。
[PR]
by makkenji1 | 2011-01-11 00:51 | オステオパシー
スイマーズショルダー2と言うのを覚えているでしょうか?

肩の痛みが股関節から来ていて、次に診た時は膵臓に自責の念があったと言う方。

月1ペースで定期的に通っていたのですが、久々に肩の痛みを訴えていました。


いつものように全体傾聴から始めました。

今回は腕と左上半身に問題を感じました。

細かい検査をしていくうちに脾臓に何かトラブルがあると感じた私は。


私:「何か抵抗している人(物)はありませんか?」


今回の痛みも精神的なもののようです。
どうもおかしいと感じた私は質問しました。

すると患者さんの方から「平泳ぎが苦手で抵抗がある。」との事。


そして、今回痛みが出る直前に平泳ぎのビデオ撮影があったそうです。

その方は下手に映像を残したくないと思い、いつも行わない平泳ぎの練習をしたのだそうです。


その撮影直後から痛みが始まったそうな…。



私は、脾臓に対するマニピュレーションを行いながら、
・平泳ぎがなぜ苦手なのか?
・苦手な理由は何か?
・それを改善するにはどうしたら良いか?
・どうなりたいか?

などの質問をしていきました。


もうひとつ患者さんから出てきた言葉は
指導している人からは「無理に練習しなくていい」と言われているのですが。ビデオの為に頑張ったと言う事でした。

苦手な理由は、
・泳ぎの格好が嫌い。
・足首に無理がある。
・個人メドレーでいつも進まないで壁が遠く感じる。
・最近の試合で間違って個人メドレーにエントリーしてしまった。


色々と質問して解決策を出していくと、結局は練習しないで良い。と言う事でした。

それですっきりしたのか、終わる頃には痛みは無くなっていました。



嫌いな事を無理にやると身体は拒否反応を起こすのでしょうか?
この患者さんはパターンとして左腕に良く症状が出やすいようです。


精神的なものから来ている患者さんが多いと感じる今日この頃、以上報告でした。


詳しくはオステオパシー風美(茅ヶ崎 整体 マッサージ)または風美
[PR]
by makkenji1 | 2009-03-28 12:05 | オステオパシー
先日来た方の臨床報告をいたします。

対象:40代女性 初診

1 主訴:水泳をする時の左肩の痛み

2 過去の病歴、手術歴:無し

3 可動域制限:無し 

4 負荷テスト:痛みあり
  肩関節を180°伸展位から屈曲方向へ動かす時
  痛みが発生

5 検査結果 
  全体傾聴で左股関節に問題を感じる。
  局所傾聴でも左股関節に問題を感じる。

6 治療点の確認
  左股関節を抑制(少し触ってもらう)して
  4と同じ動作を行う。
       ↓
  痛みが無くなった…すなわちそこが原因

7 治療
  左股関節をカウンターストレインで治す。

8 再確認
  4と同じ動作を行う。
       ↓
  痛みが無くなった

この方はその他に左手首の問題が見つかったのでそこの問題もクリアーにして施術を終了。

再来週もう一度来院する予定なので報告いたします。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
詳しくはオステオパシー風美(茅ヶ崎 整体 マッサージ)または風美
[PR]
by makkenji1 | 2008-10-18 13:32 | オステオパシー
私がスイマーのトレーナーをやっていて一番多いのが肩の不調を訴える選手です。

特にキャッチ時における痛みや違和感が主な症状になります。


実は私はこの症状を治すのが得意で、なおかつ予防法まで教えます。

これにはちゃんとした理由もあるのです。


その理由とは間違ったストレッチが水泳界で流行ってしまっているからです。

私が現役の頃すでに存在していたのですが…



手の甲を背中に持って行き、背面で肘と肘を無理やりくっつけようとするのものです。

これをやる事によって肩関節を形成している上腕骨頭が外方にロックされてしまうからです。


無理にストレッチすると身体はそれに対して抵抗しようとしますから、そこで筋肉のアンバランスが生じてしまうのです。


私はこの状態を改善させる事で選手の肩を治しているのです。

特に肩甲骨に関連する筋肉が硬くなってしまっていますから、一般の方が改善したい場合はその辺をよく見てみると良いでしょう。


予防法は「このストレッチが間違っているからやらないで下さい。」と言うだけです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
詳しくはオステオパシー風美(茅ヶ崎 整体 マッサージ)または風美
[PR]
by makkenji1 | 2008-08-31 09:13 | トレーナー活動