こちらのQRコードからモバイルから予約できます     地元茅ケ崎の皆様の力になれるように頑張ります。臨床報告やトレーナー活動、日記を更新


by makkenji1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

タグ:内臓マニピュレーション ( 3 ) タグの人気記事

風美の杉山です。

今年の5月のGWはばラル先生のセミナーですね。

いつの間にかこのような本が出版されていましたが、一般向けというカテゴリーでは少々お高いイメージがありますね。

読みやすくする、オステオパシーの有効性と知名度を上げるには1000円前後の価格がよろしいのかなぁと。

個人的な感想も述べてみる。

今、すごいスピードで読んでますが、関節炎とエモーショナルの関係が書かれていて面白いですよ。

手技療法家やボディーワーカーは必読ですよ。

関節のメッセージを聴け! (関節痛の予防と治療)
ジャン=ピエール・バラル
科学新聞社
売り上げランキング: 567,883

[PR]
by makkenji1 | 2016-03-18 09:47 | オステオパシー

身体からのシグナル

JOMA(日本オステオパシーメディスン協会)に来て下さっている、ジャンピエールバラル(Jean-Pierre Barral)D.O.が書かれた本「体からのシグナル」が科学新聞社から発売されました。

d0047440_247158.jpg


この本はヨーロッパやアメリカなど世界中で翻訳されベストセラーになっています。


私がインストラクターを務める内臓マニピュレーションの事が「ギュッギュ」と凝縮されて書かれており、最近の講義内容でもほとんど講義した内容と同じところが要約されていたりして、自信になりますね。

残念なのはオステオパシーという言葉があまりにも少ないので内臓マニピュレーションはマニュアルセラピストがやるものと勘違いされるのではないかという事ですね。

はじめにお伝えしたいのは内臓マニピュレーションはオステオパシーのテクニックです。ですが、いろいろな手技療法をされている方が勉強されておられるのが現状であり、術者の技量には差があるという事を本の中でも書かれており、バラル先生が認めた方はバラルインシュチテュートが認めた人はこの人ですよとなっています。日本の事は書かれていませんでした。

日本では正式にテストを受けたのは私ともう一人の先生だけです。非常に少ないという事です。しかし、日本でもバラル先生は何度も来日しており、その時に学んで実力がある先生はたくさんいらっしゃいますので、ご安心ください。JOMAにお問い合わせいただくか、ご自身が受けに行くのも良いでしょう。

日本ではここ5年ほど正式にお呼びしているのはJOMAだけとなっていますので、最新の情報はJOMAが発信しているという事になります。

私も初級と中級(これからですが)を講義しても良いと言われていますので、バラル先生の顔に泥を塗るような講義はできませんので、しっかりと内容を理解して、自分なりに伝える事が出来ればと思います。


あっと言う間に2日で読んでしまいました。私はどちらかといえば肝臓人間でした(笑)
[PR]
by makkenji1 | 2010-12-29 02:49 | オステオパシー

5月4日 前進

おはようございます。

セミナー1日目にお酒を飲まないぞと思っていたが、仲間の誘いに結局乗って酒臭い風美です。

みなさま連休いかがおすごしでしょうか?

ジャンピエールバラル先生はやっぱり凄かった。内臓マニピュレーションの創始者ですから当たり前ですが。

1日に20人以上の患者さんを診て、その診断とテクニックの正確さは半端ではありません。
同じ患者さんは3回以上診ないそうですが、それでも世界中から患者さんがやってくるそうです。

私の所でも大体の人は1~3回ほど治療すると来なくなる方が多いですが、知名度が違うので必死こいて新規の患者さんの集客に汗をたらしています。
早いうちに、患者さんを断らなくてはいけない状態になれるように精進いたします。(その時までには従業員を雇えるように頑張ります。)

今日の誕生花・花言葉
・「ヒャクニチソウ(百日草)」花言葉は「お慕いしています」
・「アイリス/紫」花言葉は「恋のメッセージ」
・「イチゴ」花言葉は「幸せな家庭」
・「ヤマブキ」花言葉は「気品、待ちかねる、崇高」
・「イカリソウ」花言葉は「人生の出発、君を離さない」
・「オジギソウ(ミモザ)」花言葉は「 敏感、繊細、感じやすい心」
・「スズラン」花言葉は「 幸福、純潔、純愛、清らかな愛、繊細」

今日注目は「百日草」花言葉は「お慕いしています」
学名は「ジニア」ドイツの植物学者「ヨハン・ゴットフリート・ジン」さんの名前に由来。

名前の由来は夏から秋にかけて同じ花が何ヶ月も咲きつづけているように見える事だそうです。
色や花の大きさも豊富で様々なところで我々の目を楽しませてくれます。
寿命が長いことから浦島草(うらしまそう)とも呼ばれる。

最近自分でお花を育ててみようと思っています。
今から植えると夏場に長期咲いてくれそうなので育ててみようかな。「百日草」


今日の誕生石・「ペリドット(和名: 橄欖石)

石言葉は「偉大な力」
和名「カンラン石」カンランとはオリーブのことで、この石が黄色がかった濃い緑、つまりオリーブ・グリーンをしていることから名付けられました。
古代エジプトで、ペリドットは「太陽の宝石」と呼ばれ、代々ファラオ達に崇拝され、王冠等の黄金と共に、ペリドットで埋め尽くされていました。
金との相性がよく邪気を払うお守りとして装飾品に使われます。

隕石の中から見つかった事もあり宇宙のパワーを感じます。
太陽のように持ち主を明るく、前向きにさせてくれるでしょう。
落ち込んだり、引きこもりがちな時、ネガティブな思考の時等に力を与えてくれます。

またそんな時にはバッチフラワーレメディの

「ゲンチアナ」がお薦め。

いつもマイナスな事ばかり考えている人はいませんか?
また失敗してしまうだろうとか、上手くいかないかも知れないと思っている人はいませんか?

そんな人にお薦めです。あなたの周りにいたら薦めてあげるのもいいですね。


今日もセミナー頑張ってきますので更なるレベルアップご期待下さい。

では良い1日を。
[PR]
by makkenji1 | 2009-05-04 06:42 | 花言葉と誕生石