こちらのQRコードからモバイルから予約できます     地元茅ケ崎の皆様の力になれるように頑張ります。臨床報告やトレーナー活動、日記を更新


by makkenji1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
風美の杉山です。

先日はいのちの輝きをあげましたが、それについてオステオパスが知っておきたい情報としてこちらの本があります。

「サトル・オステオパシー」

以前所属していた協会で頂いた記憶が。

また、この本を読みたくなりました。

フルフォード先生は小児をみることが多かった訳ですが、私もこれからどんどん小児と向き合っていきたいと思います。
d0047440_3165299.jpg

[PR]
# by makkenji1 | 2016-01-04 23:59 | オステオパシー
d0047440_21453239.jpg
本日は、数少ないオステオパシーが中心になって書かれた書籍で『いのちの輝き』
を紹介します。


そして、その中で紹介されている出産について書かれている『暴力なき出産』を購入し、到着しました。


定価1800円がアマゾンで5000円程しました。


これを読んでまた知識を得て、患者さんに活かしたいと思います。
[PR]
# by makkenji1 | 2016-01-02 21:51 | オステオパシー

2016年の幕開け

新年のご挨拶

2016年の幕開けですね。

朝から初日の出を見にいった後、年末に溜まったビデオを見ました。

午後からは、地元の氏神様にお札を買いに行きました。

喪中の為参拝は後日

そのまま、風美のすぐ近くにあるお嫁ちゃんの実家にお邪魔し、新年のご挨拶

風美にお越しの皆様

本年初めてお年賀をご用意しました。

そして、今年は様々な事にチャレンジします❗️

楽しみにしてください。
d0047440_09565106.jpg
d0047440_21364047.jpg
d0047440_2136212.jpg
d0047440_21355436.jpg

[PR]
# by makkenji1 | 2016-01-01 21:36 | 日記
風美の杉山です。

実は今日初診で来られた患者さんなのですが、症状があって医療機関を受診し、画像診断及び生物学的(血液)検査をしたのだが、お医者さんの診断は特に問題無し。それと自分の不調が合致しないのでそうなると「何科を受診したらいいの?」という話を聞きました。

お医者さんの診断ツールは先に挙げた2つが主なので、こちらで異常が見つからないと診断がつかないのです。

逆に私達手技療法家は、画像診断及び生物学的検査は出来ないので、触診と可動性テストなどの手技療法的診断を行います。

その結果、本日お越しになった患者様は最初の主訴が改善されて帰られました。
※あくまで医療機関では異常がなかった方ですのでご了承下さい。

そんな方の一人でも救えれば私の人生の喜びとなります。

これからも同じような悩みを抱える方を救って行きたいと思います。
[PR]
# by makkenji1 | 2015-10-28 23:15 | 日記

特発性頻脈の改善の報告

風美です。

当院に来院して、2か月。

8年越しの特発性頻脈が治ってしまった。その他色々な症状が改善したという患者さんから投稿を頂きましたのでリンクいたします。

http://www.ekiten.jp/shop_2891995/review/

風美にいらしたことのある方は是非感想をお願いいたします。
[PR]
# by makkenji1 | 2015-08-20 16:58 | オステオパシー

効果なしの患者さん

風美です。

連続して投稿です。

今日は一転して全く効果を感じないと言う患者さん。

施術者なら、再来院された患者さんには、「その後いかがですか」と聞きますよね。

ある患者さんの回答

「全く変わらない…。」

その言い方に昔の自分なら切れてしまうかもしれないフレーズ…。

そんな自分に落ち着けと言い聞かせて…。

普通なら「じゃ他行けよ。喧嘩売ってんのか?」って思いますが…

ただの馬鹿正直な人なんだ、本当に私の施術が効かなかったんだと自分に言い聞かせて、「この人は何を期待してうちに来ているのか?」と考えてみました。

そして、本当に自分はこの患者さんの身体の声を聞いたのか?

身体は何を望んでいるのか考えてみました。

そう。私はプロフェッショナルなのだ。

対応をしなければならない。受けた人がそう感じるのだから、その要望に応えるべきなのだ。

それでも、全く効果がなければ仕方がない、私の力不足なので他をあたって下さいとお願いしよう。

これでいいのだ。
[PR]
# by makkenji1 | 2015-07-25 08:45 | オステオパシー
久々に臨床報告の風美です。

20日の浜降祭で燃え尽きてしまってこの3日間は何もする気が起きませんでした。

ようやく日常の感覚を取り戻しつつあります。

さて話は昨日の患者さん26歳男性

主訴は右下半身の痛みと痺れ。約30分の施術で症状が全て取れてしました。

2か月前から違和感が現れ、1か月前から激痛と痺れが現れ、2~3週間前から右足全体に痺れ、痛みが広がり、動きが鈍かったり、力が入りづらい状況。

整形外科では仙骨と第5腰椎の狭小化が見られるとの事。

過去に大きな外傷:無し
 しかし、学生時代の運動部で足関節捻挫を繰り返しているとの事。

手術歴:無し

右ラセーグテストは45°位から足の痛みが増加。

脊柱の圧迫テストはそれほど大きな変化はない。

では施術開始

左足首に関節のブロックが見つかる。(触った瞬間本人は相当痛かったようです。)そして施術。

その段階でラセーグをもう一度再検査するとやや改善。

次に右足首にもブロックの感触を得た私は1か所を探し当て施術ました。

ラセーグを再度検査し、先ほどよりもより改善。

次に頭蓋の治療を行う。アップストレインという状態になっていたので、それを改善しました。

この治療が終わった段階でラセーグテストは問題無くなりました。 施術からここまで25分位。

ここで終えようとしましたが、大腿の後面に張りがあるという事で、下腿の筋肉を施術。

約30分で終了。

今回の症状が出てから鍼、接骨院、整体院と行ったそうですが、どれも効果なし。
接骨院はその周囲を電気かけるだけ、整体は股関節を施術しただけだったそうです。

風美は問題の根本を見つけて施術するので、驚くような効果が感じられるようです。

今回のクライアントさんも驚きながらも喜んで帰宅されました。
[PR]
# by makkenji1 | 2015-07-24 09:51 | オステオパシー
2月14日のブログでご紹介しました。

嗅覚障害の患者さんですが、その後の治療に来ました。

3月に1度治療を行い、昨日来院しましたが、嗅覚が戻ってきたとの事でした。

1回目の治療で匂いを感じる瞬間があったという事。
2回目の治療後は花粉症の時期だったので、アレルギーがひどかったようで鼻詰まりで匂いを感じなかったそうです。
3回目の治療で感覚が戻ってきたのです。

今日は今までの主訴とは違い肩こりでしたが、こちらもだいぶ軽いと言ってお帰りになりました。

オステオパシーの可能性を無限に感じます。

しかし、上手くいかないこともしばしばあります。そんなこんなで日々悩んでいます。

そのためには日々精進して勉学と技術向上に努め、今よりも多くの患者様を救えるように心がけたいと思います。
[PR]
# by makkenji1 | 2015-04-13 02:28 | オステオパシー

嗅覚傷害

久々に臨床例

先月ご紹介でやってきた患者様は嗅覚の障害で来院。

匂いが全くしなくなってしまったらしい。

正直私にとっても初めての症状の方ですし、自信はないのですが、今までの経験と知識をフルに動員して施術いたしました。

本日2度目の来院で、3週間のスパンの中で数回だけど匂いを感じることがあったという話を頂きました。

大きな一歩と感じています。

我々の仕事は壊れた部品を取り替えるのとは訳が違う。

人を全体として扱い、症状を引き起こしている部位を探して施術するのだ。だから、その人の状況によって治療回数も異なる。

私は神でも無いので奇跡は起こせない。

しかし、神より頂いたこの知識と経験と思考力で解決法を模索する。

それにはいい触診と冷静な考察。最終的には良い診断が必要なのである。

そして、今日もなかなかいい手応えをもって患者さんを送り出した。

次回来るときにはもっと良くなって、匂いを感じられているといいな。
[PR]
# by makkenji1 | 2015-02-14 17:40 | オステオパシー

頭蓋オステオパシー 

昨日までスティルアカデミィジャパン2期生の講義に参加いたしました。

今回の内容も一度勉強している内容なので、理解度がかなり上がりました。

自分が1度受けたときは追いついていくのがやっとでしたが、今回改めて同じ授業を聞くと理解が全く違うということがわかりました。

そして、うっ血による頭痛に対するテクニックを再度教えて頂き、テクニックとその仕組みをようやく理解できた感想を持ちました。

1回目の「私は聞き知った程度でした。しかし、今回は明らかに理解したという感想です。

これから、どんどんこういった頭痛などの症状で悩んでいる患者さんを救うべく臨床で使っていきたいと思います。
[PR]
# by makkenji1 | 2014-06-17 14:49 | オステオパシー