こちらのQRコードからモバイルから予約できます     地元茅ケ崎の皆様の力になれるように頑張ります。臨床報告やトレーナー活動、日記を更新


by makkenji1
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

夏場不調の患者さん…原因は幽霊??

本日は津の事業に行く予定でしたが、患者さんを診る事になりました。
浜降祭前だし、このところ日曜日は休診続きで、来週・再来週も営業できないので、気持ちは津で身体は風美。

そんな中、本日来た患者さんの話。

女性30代
初診:25年2月 胃の不調、生理痛が主訴で来院。
暑さが苦手、汗が出ない。便秘気味1回/3日。
夏場は非常に身体の調子が悪いとの事。


2月に2回施術を行い、内蔵の治療等を行った結果、不調はだいぶ改善されたとの事。
しかし、最近暑くなってきてまた体調が悪くなってきたとの事で来院。
お腹が空かない。時間になるので無理に物を食べている。


全体を診て患者さんの身体の声を聴くと…

エモーショナルの問題のようでした。


私は、患者さんの無意識の中で暑さに対する苦手意識があるのではないかと感じた。
そして身体を診ているうちにある所でエモーショナルな問題を見つけ、そこにアプローチし始めました。



するといきなり患者さんの方から話し始めた。



小学生の頃。家から学校まで歩く距離が長く、夏場は水筒なども持たずに登校していた。
途中の上り坂で喉が渇いていた中、下を向きながら歩いていたら突然目の前に幽霊のような者が現れた。

怖くなって急いでその坂の頂上まで駆け抜けて振り返った時には幽霊はいなかった…。


今思うと小さかったので上から見下ろされたようで怖かった。


それ以来幽霊らしき者は見ていないそうです。


その方にとっては 

暑さ=その時の記憶=恐怖 という図式が出来上がってしまったようだ。

言い換えれば、暑さによってその時の恐怖が蘇り、無意識に身体への反応を起こさせるのだ。

自律神経の問題を起こす。汗や食欲などの減退もそのせいだと思う。


本日は主にそのエモーショナルの部分および腎臓にアプローチして終了しました。


東洋医学でも恐怖と腎臓は関係あり。実際にオステオパシー的な診断でも腎臓の問題があったので施術。

患者さんが暑さからの恐怖に解放され、食欲が戻れば良いのだが。
[PR]
by makkenji1 | 2013-07-07 13:36 | オステオパシー